企業防衛

関与先の企業防衛

企業を脅かすリスクにはさまざまなものがあります。たとえば、経営者や従業員の不慮の事故や急病による離脱、災害被害などが考えられます。会社の経営・存続、従業員やそのご家族のことなど、経営者としては万が一のことが起きたときを想定して危機管理としてあらかじめ何らかの手を打っておくことが重要です。

当税理士法人は、毎月の訪問を通じて会計・税務だけでなく経営面についても総合的にサポートしておりますので、このようなリスク対策についてもお受けしており、万が一のことが起きたときに必要となる資金、すなわち適正な保障(補償)額の算出、その保障額確保のためのご提案、役員・従業員の退職金対策などの立案等を行っています。